withコロナの時代

 延々と続く梅雨空と増え続けるコロナ感染者の報道。ともに鬱陶しい。
 西日本の豪雨被害に遭われた方、コロナで命を落とした方、過重な負荷に喘ぐ医療従事者や関係者の方々。
 経済的なダメージを受け、事業継続や、就業の危機を感じている方々。
 未曽有のこの災害に対して痛手を被っている方々の思いや如何ばかり。

 自分も影響が全く無かった訳ではないが、それでもあくまでも軽微。唯一の心配は今後”かからないうつさない”を維持できるかという点になるが、これだけ市中感染色が濃くなってくるとある意味あきらめムードさえ感じ始めている。

 なんて言うと自粛警察の人に吊るし上げられるかもしれないが、それでも人間だもの。生きてりゃいろいろと息抜きも必要さ。梅雨の合間の一休み。好天にほだされて散歩してしまうのも”夜の街”を楽しむ人たちと本質的な差が本当にあるのだろうかという疑問を禁じえない程『コロナ』に思考が蝕まれてしまったのだろうか。

 ともすれば集団主義に陥りやすい日本人にとって、今までそこそこ手堅く守ってくれていた母集団である組織とか国とかに俄かに『自己責任』を突き付けられているようでwithコロナの時代到来は生きづらい。

 かつて、”サービス”が無償のものから有償の価値あるものとして成長を遂げたように、今後襲ってくる自然の脅威に対して、我々は『自由に暮らす権利』とその結果に対する『責任』を常に突き付けられて生きていかなければならないのだ。(いままでもそうだったんだけどね)

 国家が全ての人達にとって最適解を見いだし、国民の安全と財産を守ってくれるというのはかねてから怪しい部分があったのは確かだが、今後ますます危うくなっていくかもしれないと思うと、自分達はまだよいが子供や孫の将来を考えると心が痛むのだ。

大谷川公園へやってきた 雲が無ければ日光連山パノラマの筈なんだけど

桔梗の紫が鮮やか

ユリが咲いているとは思わなかったので収穫

夏らしい雲だけど・・・梅雨明けはまだまだ先らしい コロナ収束はまったく見えず
カテゴリー: 日記 | 2件のコメント

霧降高原 初めての階段とニッコウキスゲ

 霧降高原のニッコウキスゲが見頃を迎えているらしい。
 梅雨のこの時期はよほどタイミングが良く無ければ青空の下の花を見ることは出来ないだろうという考えで、今まで一度もニッコウキスゲを見に行こうと考えた事は無かった。

 平日を自由に使える身になると、梅雨でも合間の晴れ間に絞って行動出来るのが何よりもの喜びである。そしてずっと睨めっこをしていた天気予報に晴れマーク。ごく短時間だが青空も期待できそうだ。

 てな訳で鼻息荒く乗り込んだものの、やはり霧降高原のその名の由来は遺憾なく発揮される。まぁしょうがない。もっとも残りの人生で一度くらいはそのチャンスに恵まれるっていうのも許されるんじゃね。なんてちょっと大袈裟に考えるも、その為には10年後もここに来られるような健康体でずっといなくっちゃならないということだね(笑)

 それにしても凄い人の数である。小池さんじゃないが、”密です、密よ”。登りは人と間隔をあけてマスク無しだったが、流石に下りはマスク着用。呼吸の荒い人たちと沢山交差したから。
 朝、偶然に一台だけ空いていた上の駐車場に止めることが出来たが、降りてみれば下の大駐車場まで満車。場所探しでぐるぐるする車多数。県外ナンバーも3割程度。いやはや夜の街といい勝負できそうな賑わいでもあった。

晴れていれば最高なんだけど やっぱり霧降なのね

おっと、てんとう虫も写ってた

 実は天空回廊の1,445段の階段歩くのは今回が初めて。
 このゲレンデははリフトが無くなってから積雪期に何度か登っているが、雪があったら階段を歩く理由は思いつかないと考えていた。
 後半の斜度が上がる箇所は一息つきながらだが、ペースを落として歩けば案外楽に小丸山展望台まで到達することが出来る。
 積雪期に赤薙山に行くなら、登りは階段を使って下りはゲレンデというのもアリかなと思った。

初めての天空回廊階段を行く

斜度がキツイ箇所 雪の斜面が思い出される

 途中で空のほうにレンズを向けているカメラマンが二名。その先には何やら鳥が。バズーカ砲レンズのいかにも鳥専門といった雰囲気の両名が微動だにせず狙いを定めているのだから”それなりの獲物”なのだろう。

 階段を登る自分の足音で鳥が逃げてしまったら怒られそうな勢いだったので、忍び足で進み自分もカメラを向けた。
 今日はいつもの重い18-140mmではなく山登り用の18-55mm。流石に寄れないので種類が解る程度の画像にならなかったが、木の枝に堂々と止まっている風格からしてやはり”それなりの獲物”だったのだろう。

迷彩柄バズーカレンズのおじさまに混ざって自分もパチリ 軽量の18-55mmじゃこれが限界

相変らず急だなぁ

 小丸山山頂まで行ってみたもののガスに覆われていて眺望ゼロ。水分補給の休憩のみ。
 下山前にザックに忍ばせてきた75-300mmにレンズを替えた。同じ場所を歩くのだから雰囲気を変えていこう。
 なお、10-20mmも持ってきたが出番なし。広角ズームはかなり難しくてなかなか使えていない。

背景との組み合わせはこんな感じが自分は好きだ

アヤメも咲いていた うーんピントがイマイチ

 下の写真のように既にしぼんでしまった花びらが落ちずに着いているのが多かった。少し残念だがこれも自然故に仕方がない。
 と思って撮影していたら、ロープを超えて数メートル先の花のしぼんだ部分を外してから撮っている御仁がいた。ここまで管理されているエリアなのにこれは流石にルール違反だろうと思った。

しぼんだ花びらがちょっと残念でも自然だから仕方がないね

霧降高原 晴天の時に是非訪れたいものだ
カテゴリー: 日光の山, 日記 | 6件のコメント

小寺ヶ崎へ

 【栃木県の有料道路無料化】キャンペーンにあやかるべく、滅多に利用しない日光宇都宮道を使って奥日光へ向かった。
 天気もギリギリ午前中の数時間はもちそうなので中禅寺湖南岸を家内と散歩。
 途中、英国大使館公園とイタリア大使館跡に寄り、狸窪より少し先まで足を延ばして小寺ヶ崎手前の入り江で食事とした。

 この時期釣り人が結構奥まで入っているが、それでもイタリア大使館跡を過ぎると一気に静かな雰囲気に包まれる。
 中禅寺湖南岸の周回はいずれか・・・と考えているが、やはり紅葉の時期、錦秋の男体山や八丁出島を眺めながら歩こうと思っている。今年の春にシロヤシオとシャクナゲをとも思っていたのだが、コロナ関連の影響で機会を得ず足を運ぶ事は出来なかった。
 素晴らしき奥日光。また来ます。

歌ヶ浜駐車場に来ると絶対シャッターを切ってしまう社山

湖岸を彩る

初夏の趣、嗚呼奥日光! だね

英国大使館別荘より 縁側から景色の抜けが最高

最後の大使さんは酒好きだったらしい 実際に残っていたボトルが並ぶ

イタリア大使館別荘へ

桟橋むこうの社山 これもまた良い風景だ

涼しげな木陰 抜ける風が心地よい

目的地の小寺ヶ崎手前の入江へ到着 青空がもう少し欲しかったな 涼しい木陰で腰を降ろした

積雪期にここから見る景色が好きだが、今の季節もやはり絶景

食事と珈琲 ゆっくりとした時間を愉しんだ さぁ、帰ろう
カテゴリー: 日記 | 2件のコメント

梅雨の或る日

 梅雨の合間を縫って、鹿沼の磯山神社へ。
 新型コロナの影響であじさい祭りは中止だが、梅雨空の鬱陶しさを吹き飛ばすように元気に咲いている。
 天気予報にずらりと並ぶ雨マーク。アウトドア好きとしてはちょっぴり凹む日々に一服の清涼剤。

正面の石鳥居より

梅雨空に似合う花

皆、カメラを向けている

これもアジサイなのだろうか でも小さい花弁と色合いが良い感じ

グラデーションが綺麗

黄色が混ざっているのも綺麗だ

白一色も清楚だな

大きな花びらと小さな花びらが混在している

違う鳥居から神社を後にした
カテゴリー: 日記 | 2件のコメント

栃木県民の日

 今日は栃木県民の日。
 6月15日と決まっているから、平日の場合は県施設の無料開放の恩恵にあずかりたくても現役の時代は叶わなかった。
 だが、今やプータロー。特典として貪欲に無料開放巡りをしてきた。

 まずはなかがわ水遊園。
 一度行って見たかったのだが、なんやかんやでなかなか機会が無かった。
 淡水魚主体の水族館というコンセプトが面白い。
 ちょっと地味な感じもするけどこれもアリかなと思った。それにしても水族館なんて子供が小さい頃に行ったきりだな。

 で、以下は写真無しだが、
 県立博物館。
 割と最近も行ったことがあるが、一人でじっくりと時間をかけて見ていくとなかなかのボリューム。
 いろいろちゃんと勉強してから行くと更に面白いだろう。

 そして最後は県立美術館。
 いやぁ、前衛的な絵が多くってはっきり言って自分には猫に小判状態(@_@)
 しばらく美術館はいいかな(爆)

なかがわ水遊園にやってきた

ピンクのハスが綺麗

鯉のぼりならぬ鮎のぼり

水槽に泳ぐ魚の写真は殆どボツ ピント合わないホワイトバランス変 超難しい

カピバラが居た

辛うじてカメラ目線?

どうやら瞑想中?らしい

その剛毛、トリートメントしてみたいぞ(笑)
カテゴリー: 日記 | コメントをどうぞ