雪道走行

 新しい車でまだ雪道を走っていない。
 今シーズン、圧雪路やアイスバーンを走り山に行くことも考えられるから、まずは雪道を体験しておこうと思い、福島へドライブをすることにした。

 前車のパジェロミニはどんな場所でも気兼ねなく入っていけて、どんな場所でも駐車することが出来たが、流石にまだこの車だとその境地にはなれない。暫くはお客様のような扱いだから、悪路の末の駐車地や路側に無理やり駐車というのはしばらくお預けになるかもしれない。まぁ、これは時間の問題かもしれないが(笑)

 で、この車。HondaSensingという安全運転支援システムというのが搭載されているのだが、これがなかなか素晴らしい機能で、「新しい車どうですか」と聞かれる度にホンダの回し者よろしくすばらしさを触れ回っている。

 ここでいちいち説明しても正確に伝わらないので公式サイトのほうを一覧いただけたらと思う。
 あくまで支援システムなのだが、実際高速に乗り、車速と車間、車線維持をオンにするとカーブ区間はハンドルが勝手に動き、割り込んできた前車がスピードを落とすとそれに追従して減速し、車間を維持して走行。前車が加速すれば再び設定速度までこちらも加速するという至れり尽くせりだ。
 ドライバーは非常時に備えているだけで一切操作しなくても良いという自動運転もどきがこの程度のグレードの車でも実現できるというのが驚きである。

 HondaSensingはホンダの大部分の車で採用されており、先ほどはN-BOXやN-VANにも搭載されるようになった。量産すればコストダウンもするだろうから益々進化する技術なのであろう。
 当然、他メーカーの車にも同様の機能があるのだろが、つくづく車は進化したなと思う。
 近い未来に完全自動運転化と言われても現実味を感じてしまうほどだ。

 ディラーオプションのナビがネットと接続(通信料はホンダが負担)しており、クラウド上のデータにアクセスしているお陰で走行のデータをパソコンやスマホで取得。そしてパソコンやスマホで作成した事前作成ルートをナビに転送なんていうことも出来る。
 いやはや、フルマニュアルでかぁちゃんナビの車に長らく乗っていた自分には驚きの連続である。

 一か月半乗ってみて短所も少し見えてきたが、最大の難点はハイブリッド故にヒーターがものすごく効きづらいということ。
 シートーヒーターがあるグレードだったのでなんとかやり過ごせるが、これが無かったら冬場はかなり辛いだろう。
 勿論長距離を走ればラジエーターもそれなりに高温になり暖かくなるが、下り坂が続く局面やモーター走行の時間が長いと(エンジンが止まっている)たちどころに風温が下がってくるのだ。片道5Kmの通勤だと風温が充分に上がる前に到着してしまう。ホッカイロのようなシートヒーターの有難味が身に沁みる。

 で、話を戻し、雪を求めて会津方面へ北上することに。
 田島の道の駅あたりから道路に少しづつ雪が出てくるが、除雪もしっかりしており希望の体験には至らず。

田島の道の駅にて 背後の貝鳴山もいつか登りたい山

 会津田島の市街地(現在は南会津町)で一旦国道を外すと雪道初体験には手頃な感じの積雪が待っていた。暫くは田舎道を行き、雪の感触を確かめる走行となる。流石に新品のスタッドレスタイヤの効きも良く、車自体の挙動も充分安心して走行出来るレベルだと感じた。もっともパジェロミニのようなダイナミックな走りの感覚とは程遠いのは仕方がない。

国道から一本外して雪道を楽しむ

なかなかの積雪量だね

 会津田島祇園会館に立ち寄り、郷土料理バイキングで腹を満たし、甲子トンネルで栃木県へ戻る。
 文字通り「走る」のが目的のドライブであった。
 次は何処のお山の麓を走るのかな。楽しみである。

道の駅下郷にて

 嗚呼、雪のお山が呼んでいる?でも空が晴れてなきゃ嫌だ(軟弱なもので)

“ぷちぷち” 一本お土産に買いました
カテゴリー: 日記 | 2件のコメント

年明け一発目は計画の甘さで撃沈



-- 『GPSMAP60CSx US版』+『カシミール3D』+『国土地理院地図閲覧サービスデータ』にて作成 --
※当コースには一般登山道でない箇所が含まれています。参考にされる場合は自己責任でお願いします。

 年が明けてしまい既に三日となりましたが、遅ればせながら、

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 ということで、年末年始の子供達+孫も帰ってしまい手持無沙汰の正月三日。今年の歩き始めはどこにしようか思案していたところ、ネタ帳をめくっていたら、野球親爺さんの一年前の記事が目に止まった。
 ルートを参考にさせていただき自分なりのアレンジを加えて計画した。

 結局時間の読みが甘かったのと幾つかの失敗。手前の尾根から見た寺久保山も思わず遠く感じると戦意喪失してしまった。
 計画ルートの半分くらいしか歩けなかった末、最後は屈辱の車道歩き。それも国道だ(*´Д`)
 もう少し早立ち&事前準備を周到に行ってから再チャンレンジすることに決め、今回は小手調べとなったのである。

 ・・・と、一旦速報を出したものの、写真を選択してもいま一つ中途半端なものしか選べない。
 やはり煮え切らない思いで歩いていたのが現れたようだ。

 途中でコンパスを使おうと思ったら、Protrekはついに完全に故障してもはや時間表示以外の機能が停止してしまった。
 更に、GPSMAP60CSxのコンパスが狂っていることに気づかずコースミス数回。
 やおらスマホのコンパスアプリを起動して見ると、自分が方角を失った事に気づき慌ててGPSMAP60CSxのキャリブレーション補正を行う始末。(;´д`)トホホ

 予定では正午に寺久保山に立つ筈だったのだけど・・・
 終盤の藪(かも)尾根のクリアに2時間は欲しかったので遅くとも1時迄には寺久保山出発だな。
 でもこれじゃタイムオーバー。
 以上、失敗の原因列挙にいとまなし。

 無理すれば予定通りに歩けたような気もするが、やはり精神的な余裕が必要。
 あと、日照時間の少ない今の時期は残り時間も重要だよね。

 と、いうことで今回はブログ記事も含めて再チャレンジを心に誓う。
 いろんな山で予定通りに歩けなかったことはあるが、それらはルートや内容が到底自分の実力にそぐわなかったからだが、今回のように自分のミスだけが要因だとやはりリベンジをこだわっちゃうものだ。
 軌跡とコースタイムだけは自己反省の意味も込めて記録を残すことにした。

 概略コースタイム

駐車地発(07:55)-城山(08:46)-255.6m三角点(09:04)-鳩の峰(09:45)-272.1m三角点(10:20)-
昼食ポイント(11:05)-食事休憩-行動再開(11:39)-車道接合(11:54)-R293へ(12:21)-駐車地着(13:46)

カテゴリー: 県南・両毛の山 | コメントをどうぞ

手近な山だけど結構濃かったヨ



-- 『GPSMAP60CSx US版』+『カシミール3D』+『国土地理院地図閲覧サービスデータ』にて作成 --
※当コースには一般登山道でない箇所が含まれています。参考にされる場合は自己責任でお願いします。

 涼しくなれば自分の山の季節。
 そんな我が登山適期にとっくに突入しているというのに、なんやかやでなかなか山に出られずにいた。
 ようやくチャンスが巡ってくるも、すっかりたるみ切った四股や腹回りにいささか臆し、近場のお手軽ルートを設定した。

 計画当初では矢倉山の南東に位置する妙見山(330mP)も訪れ、鬼山(地理院は兜山と誤記)も踏んで篠井富屋連山コンプリートを考えたが、矢倉山と妙見山はそれぞれ高舘山からのピストンになる。コース終盤の足腰にちと厳しそうだと感じ、妙見山は計画から外した。(蓋を開けてみればやはり疲れが効いて最後の鬼山はパスという結果になった)

 こどもの森公園駐車場に着くと先着車無し。今日はクリスマスイブだから中高年も孫たちのプレゼントで忙しく山どころではないのかな。人気の山なれどハイカーの姿はまったく無し。
 駐車場から登っていくコースは三つあるが伐採作業中につき通行止めの案内があった。通過できるのはセンターハウス経由でキャンプ地脇を抜けて最上部から続く登山道のみである。

こどもの森公園センターハウス上部より

 登山道に入ると段々に急登。榛名山の姿は篠井集落側から見ると実に形の良い円錐形を成している。まさにそのピラミッドのような斜面を登っているのだから、納得の急登だ。

まずは一座目 榛名山

 ここまで誰にも会うことが無かったが、榛名山の山頂で地元の方だろうか。高齢の男性に会う。「今日は寒いね」と言い残し、熊鈴の微かな音色と共にあっというまに姿が見えなくなった。石祠に向かい丁寧に手を合わせていた後ろ姿が印象的であった。

続けて男山 北側の直登ルートは伐採の影響で封鎖されていた

 まずは一区切りの本山へと立つ。相変らず眺望は素晴らしい。女峰山は雪雲に深く覆われている。今日は風が強いから景色も良いが、立ち止まるとみるみるうちに体が冷えてくる。

そして本山

 飯森山への登り返し地点にある鉄塔から見た景色。
 なんの変哲も無い482mP。あぁ、何故かあそこを踏んでみたいという衝動に駆られるなぁ。
 

南いわき幹線№241鉄塔下から見る482mP(右側)

 何度か息をつきながら飯盛山の急登を登りきる。
 初めてここを登った時は息も絶え絶えだった思い出が懐かしい。

石祠に大吟醸

 飯森山から下りに転じると、ようやく今日の目的地である矢倉山と高舘山から延びる稜線が見渡せるようになる。
 見る限り変哲の無い尾根繋ぎという感じだが、現地は想像以上に複雑であることをこの後知ることになる。

これから向かう、左が矢倉山そして高舘山

 飯森山の下りは相変わらず滑りやすい急斜面なのでロープが実に有難い。
 約12年前、同行した息子が登山靴を履いていなかくてこの下りで難渋していた記憶が蘇った。

飯盛山の下りはロープにサンキュー

 一旦舗装林道で繋ぎ、富屋連峰へと踏み込む。
 以前から気になっている名前の青嵐峠。ググってみてもこれといった情報が見つからないが、峠の南北にある地形図に描かれた破線道は道型も微かに痕跡を残している。ここを辿ってみるのも面白いかもしれない。

 順調に高舘山へ到着した。広々としているが眺望は枝越しであまりすっきりしないのが残念だ。不人気故に訪れる人も少ないのであろう。麓の日光サーキットの爆音が気になるが、それを差し引けば雰囲気はとても良い。

広々とした高館山へ

しかし、今日はここから先が核心部なのだ

 山頂裏手に廻り、ここからが今日の核心部である。
 地形図を見る限り、広尾根の方角さえ間違わなければ大丈夫だろうと思っていた。
 薄藪に踏み込むと、まずは大岩のお出まし。
 一つの岩が6~7mもあろうか、そんな岩が縦に数個連なっており、さながら絶壁の様相を呈している。脇から足を滑らせたら無事では済まされないだろう。西側から見る高舘山は穏やかな雰囲気があるが、実は裏手に地理院地図も把握していないこんな厳しい表情を持っていたとは、まったくもって予想外であった。

おぉ!いきなり岩壁が連荘!高さ数十m

 この岩の出現に心が慎重にならざるを得なかった。進む方角に岩は無さそうに見えるが、斜度が思ったよりキツかった為視界の効きやすい方角に少し振って下降を開始。だいぶ下げた所でルート復帰を試みるが今度は結構な深藪に手こずる。一帯は既に自然に還ろうとしている古い作業動が随所に交差しており、より複雑な地形となっている。実際問題、道が道として機能している間はよいが、そこが深く藪化すると斜面が寸断されるだけで歩きづらいことおびただしい。

先が見通せないので木立のみが情報

 緩急繰り返すルートも藪が途切れれば随分と気が楽になった。やがて鉄塔を通り過ぎると最後の登りにかかる。

こんな極楽区間もあり

ラストはすっきりした登りを詰めると・・・

本日の目的地である矢倉山へ到着

北風が強いので岩陰でザックを降ろす

 いつもの昼食とコーヒーで鋭気を養い、そして来た道を戻る。往路は大きく外した想定ルートのキープは、藪に逆らいながら登ることを除けば比較的楽。なんでこんな事してるのかなという自問と隣り合わせにこの状況を楽しんでいる自分がいるのが面白いものだ。

帰りはしっかり想定ルートで 藪は濃かったけれど

脇に逃げるとまたルートを外すので懸命にセンターキープを心がける

 無事高舘山へ復帰すれば後はしばらくのんびりと登山道を進むのみ。
 ところがどうしたことか、黒戸山を通過するあたりで太ももに痛みが出始めた。やはり少し力み過ぎたようである。
 しばしマッサージをして落ち着いてきたが、最後の鬼山も藪登りなのでここは安全の為にパスしよう。

やれやれ最後の兜山だ

 兜山からの下りが本日二度目のハイライト。
 山頂の北側はやはり大岩が点在しているが、高舘山程の厳しさは無い。

裏手に廻ると巨岩が幾つか連なる

 慎重に岩を避けながら下るとすぐに斜度が緩み小藪を進む。ほどなく藪が切れると集落の建物が見えるようになった。
 あとは車道歩きを残すのみ。

岩ゾーンを抜ければ、ほどほどの藪がお出迎え

ようやく藪ゾーンも終わり

奥、右手から着地

右手の山頂から左の尾根を降りてきた

既に冬なれど晩秋の雰囲気も漂う

車道歩きも田舎道は楽しいものだ

朝登った榛名山 山頂直下は確かに急登だね

新しい相棒の元へ帰着

概略コースタイム

駐車場発(07:47)-展望台(08:15)-榛名山(08:36)-男山(08:51)-本山(09:16)-飯森山(10:08)-
青嵐峠(10:29)-高舘山(10:56)-矢倉山(11:54)-昼食休憩-行動再開(12:30)-高舘山(13:13)-
黒戸山(13:45)-兜山(14:06)-車道に接合(14:39)-駐車場着(15:32)

カシミール3Dデータ

沿面距離:15.5Km
所要時間:7時間45分

カテゴリー: 宇都宮の山 | 8件のコメント

さよならパジェロミニ

 さよなら、パジェロミニ。
 新車登録から15年。前オーナーと自分で丁度半分づつ乗ったところで残念ながら引退とあいなりました。
 何処にでも気軽に入っていける我が強力な相棒として里山徘徊に大活躍でしたが、流石にあちこちガタが出始め、諸般を鑑み買い替え時かなと判断しました。

 エンジンはまだまだ元気なのだけど、3ナンバー並みの燃費と長距離ドライブは決して得意でないその走りを考えて泣く泣く手放すことにしましたが、維持費を考えなければ手元に置いておきたい一台です。しがないサラリーマンには叶わぬ夢。せめてもの思い出に、さよならドライブをしてきました。

(取材地:県内数か所(笑))

 
 
 
 
 
 
 

 で、22日夜、会社帰りの〇ッグオートのお店でバジェロミニに別れを告げ、翌23日に新しい相棒との出会い。
 今度の車は全然違うタイプでしばらく林道は走れそうにありませんが燃費は最高。何から何までハイテクの固まりみたいで、今まで『フルマニュアル』なクルマ乗りだった自分には驚きの連続です。

 とまぁ、新しい車の話は別な機会にでも。
 何はともあれ納車記念ドライブで県南の紅葉名所に行ってきました。
 既に盛りが過ぎてしまった感がありましたが、今年の紅葉にようやくありつくことができました。

 

 
 
河岸を変えて別な場所で
 
カテゴリー: 日記 | 8件のコメント

望郷ライン

 過行く秋を楽しみに、望郷ラインを走ってきました。
 このブログでは定番だけど、いつ来てもいいね。
 バイクで走り去るのも良いけれど、いつの日かじっくり訪れてみたいなぁ。

里の錦秋

秋を堪能

望郷ライン いつ来ても良いね

カテゴリー: バイクとツーリング | 4件のコメント