荒山、鍋割山周回



-- 『AQUOS SENSE With GeoGraphica』+『カシミール3D』+『国土地理院地図閲覧サービスデータ』にて作成 --

 そうだ、赤城山に行こう!
 以前、雪の黒檜山に登ったことがある。
 山頂手前で仕事のトラブルが入電して気もそぞろ。眺望を楽しめる雰囲気ではなかった。
 そんな赤城山リベンジだが、上越の山を望む黒檜山はもうちょっと空気の綺麗な季節、とりあえず晩秋かな。

 真冬にスノーシューで行きたかった荒山高原だが、新緑のこの時期ツツジの山でもあるらしい。
 ということで今回は赤城山南部エリア探訪。

登山口 静かな自然林

ゆるやかな笹原を登っていく

きれいに横たわる三つの岩

 天気予報では晴れマークだったが、登山口からガスが濃い。
 荒山に登っていくこのルートは緩い勾配で鼻歌交じり。
 じきガスが晴れるかなと期待しながらの時間つぶしのゆるゆる歩き。
 交差する登山者も居ない静かなツツジの森を登っていく。

ツツジとガス立ち込める登山道

関東ふれあいの道を行く

こりゃ懇切丁寧な道標

 荒山に登り上げる最後の区間になってようや山登りの雰囲気になってきた。
 それまでもずっと続いていた山つつじは一層フレッシュになる。
 落花のミツバツツジは残念。ちょっと来るのが遅かったね。

荒山直下になるとフレッシュなヤマツツジ

でかい石祠のある荒山の山頂 眺望は無し

 荒山からの下りは、
 つつじもさることながらズミが見事。次々と群落現る。気持ちの良い稜線である。

荒山からの下りはズミが迎えてくれる

派手さは無いが清楚な花

面白い名前だな

広い一枚岩の田床炉岩

お次は見晴広場

ここでおにぎりを頬張る ガスが晴れりゃ景色が良いのだろうね

 下りきって荒山高原に到着。
 ここも沢山のつつじがある。ホントこの山はつつじの山なんだね。

荒山高原まで降りてきた これから向かう鍋割山方面

 ゆるゆると登るとぱっと開けた火起山。いやぁなかなかな眺望だね。
 姫百合駐車場から頑張って登れば、ご褒美の荒山高原から鍋割山。こいつは間違い無い!
 積雪のスノーシューハイクは次の冬に是非実現したい。
 もっとも・・・一番心配なのは雪道駆動性が情けない程弱い我が車だな(*´Д`)

火起山から荒山を望む その後ろは地蔵岳かな

つつじ咲く尾根道 平坦なこの道はスノーシーズンに是非訪れたい

再び荒山を振り返る

鍋割山へ到着

市街地のパノラマ眺望

鳥になりたいな

胸すく開放感に包まれ下山開始

 鍋割山から南への下山。序盤は気持ち良い解放的な下りだが、等高線の密なあたり、樹林帯に入ると一変。
 岩むき出しの登山道は急で下るのも一苦労。何人か登ってくる人と交差したが、皆そうとう苦しい表情だ。
 自分も岩角に気をとられ思った足捌きが出来ない。思わず一眼レフをザックにしまったよ。

 ようやく登山口に降りて後は車道歩きだ。いつもだったら事前に調べる距離と標高差だが、今回は一般登山道とタカをくくっていて何も考えてなかった。

 高度計を覗くと既に800mまで降下してしまった。登山口は940mだったからこれから140mの登り返しとなるのだ。
 加えて距離も結構あるな。500mも歩いた頃にあった道標には「この先3.9Km」とな。
 平地なら小一時間歩きゃいいじゃん。だが、気温は高いし登りだよ。ふぇぇぇ。
 ということで、最後はヘトヘトで車の元へ。
 事前精査で逆ルートにすりゃ良かったかなと反省である。

 黒檜山と駒ケ岳が赤城山の銀座なら、こちらの山域の地味さあり。だが自分はこっちのほうが性に合うかな。
 高原山を塩谷から登るのに似ているなと思った。

 次は・・・
 地蔵岳と鈴ヶ岳だな。でも暑いのは嫌だからやはり秋口だろう。

長い長い舗装路歩きの末、やっと車に辿り着いた

涼し気な木陰 いつかまた訪れたい

概略コースタイム

赤城森林公園駐車場発(08:00)-棚上十字路(09:13)-ひさし岩(10:18)-荒山(10:51)-田床炉岩(11:03)-
見晴広場(11:09)-荒山高原(11:33)-火起山(11:49)-鍋割山(12:17)-鍋割山登山口(13:54)-
赤城森林公園駐車場発着(15:01)

カシミール3Dデータ

沿面距離:11.0Km
所要時間:7時間1分

カテゴリー: 群馬県の山 | 2件のコメント

猿沢の池のスイレン

 数ヶ月前から下野新聞を購読している。
 新聞はもう何年もとっていなかったのだが、家内も自分も時間が沢山出来たので新聞くらい読もうということになった。

 地方紙は流石に地元情報に溢れていてこんな時は好都合だ。

 上河内の猿沢の池にスイレンが咲いたという記事が掲載されたので、さっそく見に行ってきた。

先客無し ひっそりとしている

お釈迦さまの花

帰る頃に一気に人が増えて密になってきたので退散

羽黒山の蝋梅林へ寄ってみた

蝋梅ってこんな実がなるんだね
カテゴリー: 日記 | コメントをどうぞ

すわ!コロナ

 諸事極まり、というさなか(もち、私事であるが)不覚にも発熱してしまった。
 木曜日の夜半、熱っぽさを感じ、体温を測ると38度台。そういえば昨日からなんとなく咳も出ている。
 すわ、新型コロナか?

 いやいや人との接触があれほど希薄な自分が感染する筈もなかろう・・・
 だがしかし、万が一の事になれば数日前に近接接触した共に90歳を超えている実母と義母の事が気になった。
 そう思うといてもたっても居られずに県の相談ダイヤルへ架電。

 当然のことだが『かかりつけにまず受診されたし』とのことだ。
 いつも薬を頂いている某病院に事前アポを取り、厳戒体制で診察が行われた。
 勿論看護師も医者も完全に防護状態でなおかつ、通された特別診察室での診察はビニールシート越しである。

 医療従事者への感染抑制という点において充分信頼のおける対応だが、診察を受ける側からすれば判決を貰う前から有罪確定のようなそんな雰囲気を感じるのも禁じ得ず。
 そこは流石に医者も看護師も『こんなものものしい姿で本当に申し訳ありません』などとおっしゃる。いえいえ皆さんのような方々が努力されているお陰で日本の医療は守られいますと素直に返事をさせていただいた。

 で、肝心の結果なのだが、
 最近密かに流行っている(らしい)インフルの検査は陰性。
 聴診による肺の呼気音も異常なし、念の為のレントゲンも異常なし。
 ただの風邪のようですね、ということで無罪放免と相成った。

 ただ、症状が悪化した場合は今日の診察の経緯を県の相談ダイヤルへ話せば必ずPCR検査対象となるらしい。それを聞いて安堵した。

 結局、土曜日夕方にはすっかり熱もさがり、長時間臥せっていた故の腰の痛みと軽い頭痛が置き土産の風邪であった。
 恐らく、水曜日の昼間呑気に昼寝したのが原因だろう(;´∀`)

 日曜日、天気予報があまり芳しく無かったが、ウェザーニュースの矢板市の予報が案外良かったので駄目もとで、同じくSTAY HOMEにうんざりの家内と共に学校平を散策。
 学校平といえば冬場のスノーシューシーズンに足を踏み入れたのが殆どで、つつじや草花が沢山咲いているのに改めて気が付いたのは収穫だ。プチ病み上がりな体に優しい散歩道。こんな感じで気楽にフィールドを歩くのも良いなぁと思った一日である。

学校平がつつじで賑やかな時期に初めて訪れる

青空でないのが悔やまれるが

瑞々しい芽とのコントラストが素晴らしい

鼻歌の散歩道

足元にはこんな花や

清楚に咲くこんな花 新たな発見だ
カテゴリー: 日記 | 4件のコメント

井戸湿原のツツジ達

 そういえば、前日光牧場でツツジを見た事が無かった事にはたと気が付いた。
 今年は自粛でヤマレコの情報も少ないが、なんとなく良い頃合いなんじゃないかという根拠も無い判断で出かける。

 朝7時に前日光ハイランドロッジの駐車場に到着すると既に10台近くの車が止まっていた。
 未だ緊急事態宣言が解除されていない都県のナンバーの車も見受けられる。

 辺りに濃いガスが立ち込めているが、皆さん車はもぬけの殻。そして後続の車も続々と支度を済ませて出発していく。
 井戸湿原を周回しても2時間もあれば充分だろうから、自分は車の中でゴロンと横になりお湯を沸かした。
 お茶を飲みながら読書。急ぐものでも無し。ガスの切れるのを期待して待とうじゃないか。

 隣に車を停めた方が歩きから戻ってきた。もう10時半か。3時間以上も時間を潰したことになるな。
 たまに太陽の光がさっと差し込んできて期待が膨らむが、また濃いガスが次から次へと流れゆく。
 一向に晴れる気配が無いようだ。 

 外で話すオバサマの大きな声に聴き耳を立てると、「ミツバツツジはおしまい、ヤマツツジはこれからだね」、だそうだ。
 歩くのやめるかぁと一瞬ためらうが、せっかくここまで来たのだから運動不足解消に歩くべし。 

ガスが抜けるのを待っていたが、時間切れで出発

『ミツバツツジ終盤 ヤマツツジこれから』という情報通り 

つぼみのヤマツツジがちょっと残念

露に濡れるシロヤシオもなかなか綺麗

ヤマツツジが綺麗に咲いていたゾーン 背景のミツバツツジがナイス!

五段の滝まで初めて足を延ばす ていうか井戸湿原自体をちゃんと歩いたのが今回初

画角に一応三色揃ったのだが・・・ いま一つ

ベンチが沢山の登山者で”密”な象の鼻 ガスっていて何も見えず

最後までガスは抜けず帰路へ 途中横根山を通過するも東屋は超密だった

自粛明けを象徴か 下の方の駐車場まで満車
カテゴリー: 前日光・足尾の山 | 2件のコメント

まだあったアカヤシオ



-- 『AQUOS SENSE With GeoGraphica』+『カシミール3D』+『国土地理院地図閲覧サービスデータ』にて作成 --

釈迦ヶ岳の過去の記事
    2018年10月21日  5ヶ月ぶりの山行は部活のシゴキ並み!
    2018年05月20日  鶏頂山敗退なるもシロヤシオロードを満喫
    2018年03月03日  続、今年の釈迦ヶ岳
    2017年02月25日  今年の釈迦ヶ岳
    2016年05月14日  守子神社ルートより権現沢左岸へ周回
    2016年02月27日  冬期釈迦ヶ岳登頂 だが雪は少なくちょっと残念
    2015年10月18日  西平岳を目指して釈迦ヶ岳
    2010年10月16日  大間々より西平岳
    2008年10月25日  紅葉間に合わず!ガスの高原山を歩く
    2007年06月16日  高原山最高峰 釈迦ヶ岳へ登る

 明らかに運動不足な日々を解消したい。
 天気予報を眺めていたら、この日の晴れ間を無駄にしたくないという思い。ならば釈迦ヶ岳歩きで汗をかこうじゃないか。

 ルートは2018年10月に歩いた西平岳ヶ経由周回の逆回りとした。
 記録を見比べると、その時は鶏頂山までのピストン込みで今回より早いタイムで歩いている。
 やはりスタミナ低下が著しい。今回、暑くてバテたというのが大きな理由というのは言い訳にしかならない。
 コロナ自粛があっても『おうちトレーニング』がきちんと出来る人はそういう問題もクリア出来るのだろうが、如何せんそこまでストイックになれないところがわが身の悲しさである。

 いつもの守子神社登山口まで車を進めるとなんと工事中で仮設小屋設置されており、駐車スペースには工事車両のための鉄板がひかれていた。
 今日は日曜日だから工事は休みだろうと思ったが、万が一関係車両が登ってきたら迷惑になるので少し下った所へ車を停めた。
 工事内容は県民の森方面へ延びる林道の崩落地点の復旧のようである。工期が6月22日までということなので、終了後にオフロードバイクで偵察をしに行くのが今から楽しみだ。

守子神社登山口は工事中

崩落個所の法面を工事中 以前はここで行き止まりだった 開通が楽しみだ

 さぁ、今日の長丁場尾根はどんな表情を見せてくれるのだろう。
 歩き慣れたコースだが、期待に胸が膨らむ。

序盤は山ツツジがお出迎え

シロヤシオ 一株あらわる 花付きは・・・御覧のとおり(*´Д`)

ミツバツツジも

前山到着 運動不足の身にはここまでで既にキツかった 決して『のんびりコース』じゃなかったヨ

 結果から言ってしまえば、ツツジ類はごくごく僅か。
 登山道を離れた谷側にはシロヤシオやミツバツツジの結構良い花付きが見られたが、今日のルートは余計な体力消費は好ましくないので遠くから眺めるに留めた。前山あたりを目的地にして、花を探しながら周囲をゆっくり歩き回るのも良いかもしれない。

下山はあちらの西平岳ルートの尾根を下る

前山方面を振り返る いつ見ても良い眺めだ

 釈迦ヶ岳山頂まで標高差200mあたりから笹の急登となる。
 冒頭にも書いたが、運動不足と暑さでバテバテ。肩で息をしながらの牛歩で進んでいると後方から軽快な足捌きで追い抜いていった若者。良いなぁ羨ましいなぁ。我が脚力の無さにがっかりと肩を落とす。こんなことで会津駒とか尾瀬の山に登れるのだろうか。そもそもコロナ騒動が収束が先の心配事なのだが(笑)

一応山頂の一枚 手前側は沢山の登山者で結構”密”だった

塩谷 宇都宮方面

西平岳と右奥女峰山

谷筋は結構残雪あり

重い望遠レンズを担いできた甲斐のある一枚 でも持ってこなきゃ500g弱軽量化出来て疲労軽減になったのは間違いない

鶏頂山にも憩う登山者の姿が見える

さて、あちらへ廻りますか

 登山口から山頂までの間に遭った登山者は先ほど元気に自分を追い抜いていった若者一名のみ。
 しかし釈迦ヶ岳山頂はざっと数えて20~30人くらいかな。
 皆さんソーシャルディスタンスをとりながら腰を降ろして休憩中だが、コロナが無くても静かな山頂が好きな自分にとってはあまり居心地が良いものではない。いつもなら食後のコーヒーまでゆっくり楽しむ食事休憩もそこそこに山頂を出発した。

 ジェットコースターのような鞍部への下り。そして岩の合間を縫ってアスレチックのような中岳超えにと進む。
 中岳のピークで西平岳方面からやってきた登山者1名と交差。結局釈迦ヶ岳の山頂以外で出会った登山者は二名だけだった。やはり塩谷側ルートはマイナーな証である。

 嬉しい想定外は中岳周囲からアカヤシオの色濃い花が見られたこと。
 正直全く予想していなかっただけに感激もひとしおだ。

中岳付近から想定外のアカヤシオゾーンへ

フレッシュな花付きが続々と・・・

西平岳肩の崩落地へ到着 風が強くて帽子が飛ばされそう

釈迦ヶ岳

鶏頂山

栗山ダムと左手の月山 月山のアカヤシオは今年どうだったのだろう

まだまだ続くアカヤシオ 釈迦ヶ岳と共に

登りに歩いた前山から続く尾根

西平岳ルート唯一のシロヤシオ

 アカヤシオが途絶えた後はシロヤシオとミツバツツジがちらほら。花付きはあまりよくない。
 想定外のアカヤシオにすっかり気をよくした自分だったが、やっぱり足腰の疲れは正直隠せない。無事西平岳登山口に到着してまずは一息だ。

 崩落林道終点まで砂利道を歩き再び山内へ。守子神社ルートに出るまでは踏み跡も希薄な赤テープ追いの心細いルートなのだ。おまけに最後の標高差50m位の登り返しが地味にきつかった。そして、登山口まで気を抜かないように怪我しないようにと気を張って歩いていた。

 車に戻って靴を脱いだらどっと疲れが出てきた。大変な一日だったがやはり釈迦ヶ岳は南を歩いたほうが格段に自然も深く静かで雄大だということを改めて確認する。
 疲れた体を感じる脳みそと喜びを感じる脳みそが協議した結果、良き一日であったと脳内裁定が下されたのであった(笑)

西平岳登山口から守子神社ルートへ戻るべく崩落林道を行く

二度と車が通ることがないであろう橋

オフロードバイクで頑張ったとしてもここまで

概略コースタイム

駐車地発(07:05)-守子神社ルート登山口(07:11)-守子神社(07:43)-西平岳方面分岐(08:07)-
前山(09:00)-釈迦ヶ岳(10:32)-昼食休憩-行動再会(10:53)-中岳(11:24)-西平岳の肩(12:03)-
コーヒーブレイク-行動再会(12:10)-西平岳登山口(13:33)-釈迦ヶ岳登山口(13:54)-西平岳方面分岐(14:26)-
守子神社(14:41)-守子神社ルート登山口(15:12)-駐車地着(15:19)

カシミール3Dデータ

沿面距離:14.1Km
所要時間:8時間14分

カテゴリー: 塩谷の山 | 2件のコメント