withコロナの時代

 延々と続く梅雨空と増え続けるコロナ感染者の報道。ともに鬱陶しい。
 西日本の豪雨被害に遭われた方、コロナで命を落とした方、過重な負荷に喘ぐ医療従事者や関係者の方々。
 経済的なダメージを受け、事業継続や、就業の危機を感じている方々。
 未曽有のこの災害に対して痛手を被っている方々の思いや如何ばかり。

 自分も影響が全く無かった訳ではないが、それでもあくまでも軽微。唯一の心配は今後”かからないうつさない”を維持できるかという点になるが、これだけ市中感染色が濃くなってくるとある意味あきらめムードさえ感じ始めている。

 なんて言うと自粛警察の人に吊るし上げられるかもしれないが、それでも人間だもの。生きてりゃいろいろと息抜きも必要さ。梅雨の合間の一休み。好天にほだされて散歩してしまうのも”夜の街”を楽しむ人たちと本質的な差が本当にあるのだろうかという疑問を禁じえない程『コロナ』に思考が蝕まれてしまったのだろうか。

 ともすれば集団主義に陥りやすい日本人にとって、今までそこそこ手堅く守ってくれていた母集団である組織とか国とかに俄かに『自己責任』を突き付けられているようでwithコロナの時代到来は生きづらい。

 かつて、”サービス”が無償のものから有償の価値あるものとして成長を遂げたように、今後襲ってくる自然の脅威に対して、我々は『自由に暮らす権利』とその結果に対する『責任』を常に突き付けられて生きていかなければならないのだ。(いままでもそうだったんだけどね)

 国家が全ての人達にとって最適解を見いだし、国民の安全と財産を守ってくれるというのはかねてから怪しい部分があったのは確かだが、今後ますます危うくなっていくかもしれないと思うと、自分達はまだよいが子供や孫の将来を考えると心が痛むのだ。

大谷川公園へやってきた 雲が無ければ日光連山パノラマの筈なんだけど

桔梗の紫が鮮やか

ユリが咲いているとは思わなかったので収穫

夏らしい雲だけど・・・梅雨明けはまだまだ先らしい コロナ収束はまったく見えず
カテゴリー: 日記   パーマリンク

2 Responses to withコロナの時代

  1. リンゴ より:

    もう、緊急事態宣言が発せられた時の様な自粛は出来ないと思いますが、感染が都市部から地方へとじわじわと広がっている様子は気になりますね。
    連日の200人越えとか聞いても、なんか麻痺して「あ、そう」くらいにしか思わなくなっちゃいました(^^;)
    でも、当分の間は感染予防を念頭に置いての行動は必要ですね。
    それにしても大谷川公園のヤマユリ、見事ですね。
    明日からの4連休は山に行けるような天気じゃないので、どこかへ花見散策にでも?と思っています。

    • まっちゃん より:

      いずれにせよワクチンと治療薬頼みなのでなんとか切り抜けるしかないのですが、早くスッキリした心持で山に向かいたいものですね。

      ヤマユリはまったく事前の知識に訪れただけにプチ感動しました。
      そのあと比較的天気の良いタイミングでバイクに乗って日光や鹿沼を散歩しましたが、結構あちこちに咲いているということを初めて知りました。

      4連休は・・・(ずっと連休ですが(笑))、
      図書館で借りてきている本でも読んでまったり過ごします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

4 + 6 は
Please leave these two fields as-is:
スパム対策の為ご面倒おかけいたします。入力は半角でどうぞ

日本語が含まれない投稿、URLが3個を超えた投稿は無視されますのでご注意ください。