腰ならし

 昨日の多気山散歩に気を良くして短時間の山登りにチャレンジ。
 篠井の子供の森から男山・本山、飯森山手前で戻って周回。僅か3時間にも満たないルートであったが、
 途中思わぬルーファンがあった。中篠井登山口ルートは途中で道が寸断、こんな立派な道標があるにも・・・である。
 以前は谷沿いに詰めて男山と榛名山の鞍部に突き上げるルートがあったのだが、この道が大規模伐採で寸断しているのだ。
 要は男山経由で登るルートしか残っていないということのようだ。

 男山直登ルートに復帰すべく小藪に足を踏み入れるが、どうしたことか登山道が見つからない。ままよと林内を直登して方角を合わせていくうちにやがて登山道に拾われる。今日はこういう山登りをしに来たんじゃないんだけど。でも久しぶりに楽しいね。
 一眼ぶら下げていたんで、岩角にぶつけないよう、小藪で傷めないように気を付けるのにちと苦労。

 最後の子供の森に戻る林道歩きはちょっと単調でつまらなかったけれど、座骨神経痛も急にしゃがみこんだりしなけりゃ登ったり降りたりするのにはほぼ差し支えないというレベルまで回復してきたというのが一番の収穫であった。

伐採用重機道脇に真新しい道標 このあと男山を示す道標が一枚あるがこれを無視すると行き止まり

男山直登ルート

本山の頂上からは快晴の眺望

高原山も雪少なし

那須の県境は流石の白さだ
カテゴリー: 宇都宮の山   パーマリンク

2 Responses to 腰ならし

  1. リンゴ より:

    久しく歩いてない篠井の山ですが、ここ数年は展望台経由~榛名山のコースを歩いていました。
    宇都宮アルプスは状況に応じてコース取り出来るのでリハビリには持ってこいですね。
    下3枚の風景写真がクリアに撮れてますね。
    空の色がとてもきれいです。

    • まっちゃん より:

      私も前回歩いた時は中篠井登山口が閉鎖されていたため展望台経由でした。
      序盤から背後に景色が拡がるので展望台経由のほうがハイカー受けしやすそうです。

      座骨神経痛はどうにかいうことを聞いてくれました。というかむしろ歩いたほうが
      調子良いかもしれません。
      ほぼ毎日スポーツクラブでエアロビクス系の運動をしていますが、
      やはり山歩きは違う筋肉を使うようで久々に脛の筋肉にちょっと痛みが・・・(笑)
      流石に子供の森に着く直前はなんとなく臀部に痛みが感じられましたが、
      この一ケ月本当に毎日少しづつ少しづつ良くなっていってるみたいです。

      今晩の雪予報は県央は微妙な所ですが、明朝晴れるならカメラを持って北の方に
      出かけたいところなれど、明日は県央以南は雨、県北は雪ということですから、
      ちょっと希望薄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

15 + 7 は
Please leave these two fields as-is:
スパム対策の為ご面倒おかけいたします。入力は半角でどうぞ

日本語が含まれない投稿、URLが3個を超えた投稿は無視されますのでご注意ください。