北海道旅行三日目(8月25日)

 天気予報によれば、前日の雨も時間と共に去り、回復傾向にあるとのこと。
 今日の目玉は積丹半島堪能、特に神威岬は是非好天で訪れたいものです。
 朝の露天風呂から見る空は青空が見え隠れし、出発の頃には、宿から見渡す日本海も青空が優勢になり期待が高まってきます。

 神威岬に向かう国道はすれ違う車、後ろからやってくる車も大変少なく、天気回復の為の時間調整を兼ねてゆっくりと走りました。宿の御主人に聞いた途中の見どころにもまめにストップしながら、当初の予定の5割増しくらいの時間をかけての走行かな。
 途中にあった道の駅オスコイ!では、ベンチに座っていたおじさん達の真ん中に奇妙なものが・・・
 流木アートだそうです。
 あまりにもおじさん達と同じポーズで、遠くから見たら溶け込んでいたなぁ。

雲が切れ始めた、さぁ出発
道の駅 オスコイ!
流木アートだそうな


 真ん中が丸く窓のようにある岩と仲良く並ぶ二ツ岩。そして、西の河原へ。賽の河原を連想しちゃうけど、ちょっと違うみたいですね。

 そして遠くに見えていた神威岬へいよいよ到着。駐車場から往復小一時間の散策ルートです。

 
窓岩と二ツ岩
バスは一日二本

こちらは西の河原
神威岬が遠くに見えてきた
駐車場より出発


 序盤だらだらと登って「女人禁制」の門をくぐると、向こうに延びた岬の突端に灯台が見える開放感溢れる眺望が開けます。そして左右の海の色のすばらしさ、シャコタンブルーと呼ばれているコバルトブルーの海面を見ながら気持ちが昂っていきます。

往復1時間コースらしい
おぉ、あそこが岬か
下って登ってまた下って

海の色がなんとも美しい
あと半分かな
灯台に到着すれば


 突端に到着。嗚呼!今日は天気が良くてつくづく良かったと思いました。
 だってこれ雨だったら結構がっかりな景色ですよね。

その先が岬の突端
絶景だね
万里の長城みたい


 今の季節、積丹半島といえばウニ。
 神威岬から一番近いお店でガイドブックにも載っている「食堂 うしお」でウニ丼を頂きました。
 目が飛び出るほど高いお値段のウニ丼(バフンウニ=赤ウニのウニ丼は超高価)は流石にパスして普通のウニ丼にしましたが、これまた今まで食べたどのウニよりも美味で満足度200%。

ガイドブックの有名店で昼食
豪勢なウニ丼はお値段もご立派
家内の海鮮丼は赤ウニでグレードアップ


 昼食のあとは少し移動して島武意海岸付近を散策。こちらも素晴らしい海の色を堪能。遠くの岬までのルートはいつかゆっくり訪れることが出来る日の為にとっておきましょう。

積丹灯台の先から
遠くの岬を眺める
いつかのんびりとハイキングしたいもの

シャコタンブルーの海岸
 
海岸にも降りてみた


 お次の美国町では『水中探訪船ニューしゃこたん号』へ乗船しました。幻想的なシャコタンブルーの海底には沢山のウニが見えまし。甲板から見る海の色もなかなかのものです。

美国町では遊覧船へ
 
やはりシャコタンブルーの美しさ


 東へと車を進め、本日の最終観光地である余市へ到着。少し時間が遅くなってしまいましたが、ニッカウィスキーの余市蒸留所見学です。NHK朝の連ドラで有名なマッサンとリタの住居復元とか、何よりも構内が少しレトロっぽい英国調な雰囲気で散歩が気持ち良い園内でした。
 また、現役の蒸留所として稼働しているようですが、ポットスチル(蒸留窯)の熱源が焚き木を使ったかまどだったのにはびっくり。あえてそういう設備で蒸留することに意味があるのかもしれませんが意外でした。

ニッカウィスキーの余市蒸留所へ
 
雰囲気あるね

 
現役の蒸留窯
 


 今日は運転があるので試飲を家内に譲りましたが、見学を終えたあとゆっくりと駆泊色のウィスキーを楽しむのも良いかもしれませんね。

 のんびりと過ごしてしまったせいか、すっかり時間も遅くなってしまいました。小樽から定山渓までの山道。日が暮れ行く中、キタキツネが横切る道を走り抜け着いた小金湯温泉の『まつの湯旅館』さん。夕食可能のぎりぎりの時間のチェックインでしたが、慌ててひと風呂浴びて今日も部屋食に間にありつきました。今宵はお酒はほどほどにして、このあとお風呂を楽しませていただきました。

有料の試飲コーナー
こちらは無料の試飲
で、今晩も宴会
カテゴリー: 旅行   パーマリンク

北海道旅行三日目(8月25日) への6件のコメント

  1. リンゴ より:

    積丹半島の海岸線は本当に美しいですね。
    自分も若かりし頃に自転車で走ったことがありますが、その当時の光景は脳裏に焼き付いております。
    また、北海道は景色だけでなく食も美味しいし、機会があれば何度でも再訪したいところです。
    観光+山歩きで…?(笑)
    ご夫婦での有意義な夏休みとなった事でしょう。

    • まっちゃん より:

      >観光+山歩きで
      北海道は広いのでゆっくり時間をかけて楽しみたい場所ですよね。

      リンゴさんは自転車で北海道経験者でしたか。
      みなさんやりますね。
      自分は結婚してから子供を連れて行ったのが初めての北海道でしたが、
      リタイア後の予定で密かに画策してます。

  2. 亀三郎 より:

    積丹ぶるー
    すごっ
    ほんとに晴れててよかったですね!!
    言われるように この場所で曇りとか 雨だったら
    心のダメージが大きかったかもですよねぇ~~~^^v

    あ~しかし
    何をみても 美味しそう
    北海道でウニ
    最高だったでしょうねぇ~~~
    わたしは いくら と海老のミックスのほうがいいかなぁ
    むかし
    一面ウニのやつで
    途中リタイアしたことがあるので (^_^;)(^_^;)

    • まっちゃん より:

      ウニは赤ウニ(バフンウニ)のほうが値がはりますが、
      大盛の赤ウニ丼は時価で一杯七千円くらいでした。
      こんなバブリーな食事はどんな人がするんでしょうね。
      でもお金持ちの人はサクっと注文するんだろうなぁとため息。

      いやいや、自分たちの注文したのも日常生活から比べると充分バブリー。
      旅は財布の紐を緩くしちゃうんですね。
      ランチ2回以上(安ランチなら3回)のお値段であの丼ぶり一杯ですから(*´ω`*)

  3. ケン坊 より:

    おはようございます
    美味しそうな海鮮丼...あぁウニ丼を腹一杯食べたい~~~
    あははは いきなり海鮮ものに目が釘付けになっちゃった>笑<
    多分、(我が家じゃ)旅先じゃないと口に出来ないグレード!
    そして朝ドラを思い出す”ニッカウィスキーの余市蒸留所”の写真
    喜連川のニッカとは違った雰囲気なんでしょうね>当然!<
    後回しになってしまった”神威岬”ですが天気の恵まれて良かった!
    やはり青空と白い雲が欲しい場所ですよね~ 
    思わず両手を広げ腹一杯ウニじゃ無くて空気を吸って見たくなる~

    • まっちゃん より:

      正直この丼ぶり。高かったです。
      旅の勢いってやつですね。
      普段だったら三食以上食べられるお値段です。
      観光地ってやはり強気の商売ですね。
      でも、お味は流石の一言でしたよ。

      神威岬は本当にラッキーでした。
      あれで雨だったら流石に凹みましたが、辛うじて天は味方してくれたみたいです。

まっちゃん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

11 + 12 は
Please leave these two fields as-is:
スパム対策の為ご面倒おかけいたします。入力は半角でどうぞ

日本語が含まれない投稿、URLが3個を超えた投稿は無視されますのでご注意ください。