北海道旅行一日目(8月23日)

 相変わらずの夏場の忙しさと、暑さ嫌い、そして雨嫌い故の出不精も相まり、お久しぶりのブログ更新です。
 前回に引き続き旅ネタとなりました。

 今回は2か月以上前に早割の格安航空チケットを購入した北海道旅行。一度は使ってみたかった福島空港出発です。

 飛行機と言えば出発の二時間前に空港到着という、羽田や成田ならセオリー通りに朝の8時の福島空港に着いてみると、未だロビーに人影無し。出発時刻が9:55ならば一時間前の8:55から保安検査場に入場可の案内板。
 国内線出発が一日五便、中距離便のB738(座席数167)なので、満席になっても混雑など程遠いという現実に空港到着後に気づかされました。

 搭乗口に徐々に集まってくる乗客達を乗せた飛行機は定刻通りの出発、そして五分早く11:10に新千歳空港へ到着。あとはJRのエアポートライナー(快速)で札幌駅へと進みます。 

 初めての福島空港

 写真は特に撮りませんでしたが、札幌駅大丸デパートの『天馬』というお店にて、北海道で人気が高いスープカレーを頂きました。
 このお店、なかなかの人気で平日だというのに30分以上並ぶ盛況ぶり。通り過ぎる人も「ここのスープカレー美味しいよね」と口にするほどで当たりのお店でした。

 お味のほうは・・・スープカレー初体験で食べ方が解りませんでしたが、周囲の道産子の真似をしてスプーンにすくったライスをカレーに浸すとお上品。スパイシーで香り豊かなカレーを楽しむことができました。

 さて、食後の行動はどうしよう。今日は札幌市内観光をしよう。それだけの計画なのでとりあえずガイドブックを見て羊ヶ丘展望台へと向かいます。
 でも、どうやって行けば・・・ということでスマホで検索すると地下鉄南北線の途中駅にあるホテルで荷物を預けて、更に一駅の幌平橋からバスで行けるらしい。
 でも、バスて停がどこにあるのかが判らなくて道行く人に尋ねても「バス乗らないのでわかりません」ということで埒あかず。適当に周囲を歩き回ったらようやく羊ヶ丘展望台行のバス停を見つけることが出来ました。

 ようやく探し出したバス停

 北海道は涼しかろうと思いきや、じりじりと照り付ける日差しに、近くの自販機でペットボトルを入手して木陰で喉を潤しているとバスがやってきました。観光客などほとんど乗っていない生活路線バスですね。

 買い物客の足、路線バス

 で、やってきました。羊ヶ丘展望台。
 面白かったのは、終点一つ前の停留所であらかた乗客が降りると車内アナウンス。「次は羊ヶ丘展望台、乗車料金とは別に入場料金が必要です」だそうな。え、どういう事と思って降車するとなるほど。精算機に乗車料金を払った降車口の先には、羊ヶ丘展望台の係員さんが待機していて入場料を徴収する仕組み。既にバスで場内に入っているので合理的(笑)

 爽やかな放牧場

 元は北大のキャンパスにあったクラーク像ですが、あまりに訪れる人が増えてしまって管理者である大学側の要請を受け、観光の目玉としてのクラーク像をこちらに作ったということです。

 現代の若者たち(日本人もだけど、韓国人観光客も多数)は博士のポージングを真似て写真を撮っていました。

 少年よ大志を抱け

 銀色の飛行船のような札幌ドームをはじめとして市街地を見渡せる眺望が此処のウリかな。

 

 その名の通り、放牧場には羊が居ましたが、この暑さのせいか木陰で何故か体を寄せ合って荒い呼吸をしていました。やはり羽織っているウールのせいなのかなぁ。そこそこ刈られている感じはしましたが。

 隣に頭をくっつけて悲しそう。併設の食堂でジンギスカンやってるせい?

 往路とは違う方面のバスに乗って地下鉄東豊線に乗り換え。次の目的地の最寄り駅から徒歩10分。またまた誰も観光客が歩いておらず、つくづくマイナーな行程をチョイスしちゃったなと思っていると、ほどなくサッポロビール博物館へ到着しました。
 どうやら札幌市内から専用の巡回バスがあるみたいで大多数の皆さんはそちらから来られている模様。行き当たりばったりの我が家は理論上最短ルートで来るも労多くして同志少なし(爆)

 レトロな煙突が目印

 ビール博物館へ入場

 ガイドさんの説明とビール試飲がセットのプレミアムツアーに参加しましたが、要所を抑えたお嬢さんの説明の後はお待ちかねの味見タイム。

 

 無料の自由見学の人はお金を払って飲むことが出来ますが、プレミアムツアーは500円の料金にガイド説明とビール二杯(500円分)が付いてくるのでお得。ビールは一杯だけで結構という方以外はこちらがお勧めです。
 ちなみに左側が開拓使麦酒ピルスナー、右はサッポロビールの看板商品の黒ラベルです。ツアーがお開きになったあと、ついでにもう一杯、北海道限定のサッポロクラッシックも楽しみました。

 ビール会社の見学コースはアサヒの二工場(郡山と守谷)にも行ったことがありますが、観光性の無いこちらは地味な感じはするものの、無料でガイド付きの見学と30分で3杯までの無料試飲付きで内容はお得。公共の交通機関を利用しないと試飲は不可能なので、郊外に工場があってアクセスが不便なのが難点です。

 ピルスナーは香りが豊潤で美味

 循環バスを使って下車した大通り公園には、三々五々に夕方を楽しむ人たちの姿が沢山見られました。

 やはりビールの似合う街

 ホテルに帰るには駅前通りを中島公園まで南下すればよいのだけど、途中すすきのを通過。ラーメンも良いけど途中の居酒屋へ入って晩飯としましょう。

 昼ならラーメン横丁もよいかもね

 再びサッポロビールで乾杯!つまみは適当に頼んで・・・
 知ってました?
 ジャガバターに塩辛添えて食べると美味しいって。
 なんでもやってみるものですが、道民のこの食べ方に一票を投じたい。

 ビールで腹がきつくなってきたので後は焼酎。二杯目は利尻産昆布を使ったコンブ焼酎。ちょっとクセがあったけど美味しかったなぁ。

 これで1200円は安い! 流石北海道
カテゴリー: 旅行   パーマリンク

北海道旅行一日目(8月23日) への6件のコメント

  1. せろーG より:

    一日目から 美味しさ満載の北海道旅 羨ましいです。
     これで1200円は安い! 流石北海道  安すぎですよ。

    二日目からのうまいもの巡り 楽しみにしてます(笑)

    • まっちゃん より:

      二日目は雨発進でちょっと凹みましたが、晩飯で挽回しました。
      バイクツーリングしている人も沢山見かけましたが、雨の中ちょっと気の毒でした。

  2. 亀三郎 より:

    北海道!いいなぁ~~
    わたしも
    まっちゃんと同じで 暑さ嫌い 雨嫌い
    今年は
    北海道でゴルフツアーって 話もコン様とあったのですが
    実現せず、、、(T_T)(T_T)
    今回のレポで
    とりあえず
    行った気になろう!!って 目論んでいます 笑

    これって
    うなぎの蒲焼 焼いてる煙で
    しろめし 食べる、、、みたいな、、、???

    じゃがバターに塩辛
    いいかも!!
    塩辛好きなんですが
    ちょっと高いので
    スーパーでは
    いつも躊躇してしまう亀三郎ですが、、、ドテッ

    • まっちゃん より:

      じゃがバターに塩辛。
      目から鱗が落ちるじゃないですけど、お勧めです。

      塩辛だと冷酒。
      じゃがバターに塩辛だとやっぱりビールかな・・・
      なんて思いましたよ。

  3. ケン坊 より:

    こんばんは
    最後まで読んでから...と思ってたら完全に出遅れでした>苦<
    福島空港から飛び立ったんですね 以前、ケン坊も利用しましたが
    開港して間もない頃だったので閑散としていてちょっぴり不安も...
    帰りの高速道路が億劫だった記憶が蘇ってきました>笑<
    ”少年よ大志を抱け”  いまは”老人よ勇気を持て”かな?
    昔の老人のイメージから脱却して現代風の老人を目指したいですね
    サッポロビールにラーメン...何でもござれの北海道 羨ましいね!

    • まっちゃん より:

      成田や羽田に車で行くと結構距離もあって、駐車場の予約も必要なので
      のんびり無料駐車の福島空港は楽ちんだと思いました。
      高速使ってあぶくま道一区間走るとほぼ空港直結なので運転も楽でした。

      ”老人よ勇気を持て”
      あはは。確かにそうですね。
      今の若者はあまり勇壮なこと言うとかえって萎縮しちゃいそうですね(笑)

まっちゃん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

10 + 5 は
Please leave these two fields as-is:
スパム対策の為ご面倒おかけいたします。入力は半角でどうぞ

日本語が含まれない投稿、URLが3個を超えた投稿は無視されますのでご注意ください。