久しぶりの山遊び



-- 『Nexsus5 With山旅ロガー』+『カシミール3D』+『国土地理院地図閲覧サービスデータ』にて作成 --
※当コースには一般登山道でない箇所が含まれています。参考にされる場合は自己責任でお願いします。

 久しぶりの山歩き。まずはリハビリで近間の男抱山へ。

 ぱっとしない空模様は午後から晴れ間が覗く予報。ならば、とのんびりと11時に自宅を出た。

久々の山歩きに胸高鳴る
背の高い木立が心地よい
今日は時計回りで行きましょう


 時計回りで富士山に登り、まったりと昼食タイムを楽しんでから男抱山へ。相変わらず眺望が良いね。

男抱山から古賀志山方面
どっしりと半蔵山
篠井富屋連峰


 此処から見る鞍掛山とシゲト山は真横からなのでやたらスリムなのが面白い。

眼下のR293
鞍掛山とシゲト山
 

先ほど昼食を食べた富士山の岩ベンチ
 
山頂から真北へ下る 


 下山は登山道を下ってしまうのも味気ないので山頂の北側を下る。かつて降りたことがあったが、今日はGPSを持ってこなかったのでそのまま適当に尾根を下っていくと・・・

 もうちょっとで林道に出るのではという箇所でジャングルのような激藪の窪地へ。ちょっと先へ進むも、こりゃゴーグルでもしてないと太刀打ちできないわね。トラバースして様子を見ると岩は出てくるし、こんな低山も侮れないものだ。

 たまらずカンニングでザックからスマホを出して現在地確認。ちょっと登り返して・・・いや結構汗だくだぁく(*´∀`*)

やがて藪となる
ここで降参
トラバースして


 一本隣の尾根筋を下り藪の手薄なところを突破して小さな沢を飛び越すと無事林道に接合。片側が欠けた不思議な鳥居の石祠へお参りして本日の山遊びはおしまい。

薄手のところを突き
沢を飛び越え
片側が欠けた鳥居へ


 登山道だけで綺麗に歩こうと思っていたが、結局はご覧の通り。藪の中は猪が徘徊してるゾーンなので近寄らなくて正解。

 というわけで久々に楽しい山歩きを堪能することが出来た。

結局こんなんなりました
罠に注意! だそうです
カテゴリー: 宇都宮の山   パーマリンク

久しぶりの山遊び への10件のコメント

  1. 野球親爺 より:

    いよいよ始動ですね。心待ちにしておりました。
    紅葉もまだ楽しめそうな所もありそうですから、少し遠出をされるのもいいかもしれません。

    こちらは腰痛やら野球やらで10月が終わってしまいました。
    そろそろ残り紅葉を探しに歩き出そうかと思っている次第です。

    • まっちゃん より:

      ご無沙汰しております。
      始動と言うほどではないのですが、少し体を慣らしておかないとと思い立ちました。
      とりあえず低山の紅葉でも見られればよいかなかなどと思ってます。

      腰痛のお加減は如何ですか。
      もっとも、野球親爺さんぐらいですと歩いて治っちゃいそうな感じですが。
      ご自愛ください。

      PS.コメントのスパム対策がうまく動かなった為、コメントの反映が遅れてしまったこと。
          お詫び申し上げます。改良の為にプラグインソフトを変更して暫く様子見中です。

  2. 亀三郎 より:

    富士山 = 女抱山 でしたっけ??
    うちも あそこの岩ベンチでご飯にしました
    景色がいいですよね~~~
    それにしても
    いきなし 藪へ、、、、
    最後のズボンの写真が
    まっちゃんらしい、、、なんて、、、そんな感想 笑


    あの美人さんがいる
    立ち寄り湯は、、、行かれてないんですよね??

    • まっちゃん より:

      藪は予定していた訳ではないのですが、
      結果的にそういうことに・・・(汗)

      今回は立ち寄り湯無しでしたが、
      帰りの運転距離が短いなら山の後の温泉はやはり最高ですね。

      PS.コメントのスパム対策がうまく動かなった為、コメントの反映が遅れてしまったこと。
          お詫び申し上げます。改良の為にプラグインソフトを変更して暫く様子見中です。

  3. リンゴ より:

    さすがまっちゃん!
    馴染みの里山も最後は藪へ突入なんて・・・(笑)
    そう言われれば、男抱山山頂の北側になんとなく踏み跡があったような・・・。
    久しく遠ざかっている里山歩き。
    今年の冬はどこかで新規開拓して遊んでみようかな?

    • まっちゃん より:

      ようやく涼しく(寒く?)なってきて里山シーズンになりました。
      まだまだこれから里に紅葉が降りてくるので、リンゴさんの新たな
      フィールドでの活躍が楽しみ。

      自分は栃百の残り二座をどう登ろうか思案中ですが、
      家内の足の痛みがまたぶり返してきてしまっているので
      ちょっと先が見通せない状況。
      ま、山は逃げないので気長に待とうと思ってます。

  4. ケン坊 より:

    こんばんは。
    男抱山...ケン坊は周回が殆んどで、
    まっちゃんのような縦走はなかなか出来ません>笑<
    たかが数百㍍の男抱山ですが、ケン坊には”されど”です
    やはりコースを外れると里山でも怖いなーと...

    • まっちゃん より:

      小さな里山ですが、やはり自然に包囲されると人間はちっぽけ
      ものですね。

      男抱山周辺は比較的熟知しているので、山の全体像や方向感距離感は
      地図を見なくてもわかるのに、やはりいざ”そこ”に彷徨い込むと人間は
      案外無力です。
      改めて自然の偉大さに感服。

  5. とくちゃん より:

    こんにちわ~! いやっ!おかえりなさ~い^。^
    男抱山、今だ未踏なんですよね。いいところとは聞いているのですが・・・今度登ってみますね!
    洋服にいろいろついちゃうのこの間やってきました~。だ~れもいませんでしたよ!けっして藪好きではないんですけどね~。ルート外だとそうなっちゃうんです!

    • まっちゃん より:

      いやぁー、最近のとくちゃんの足尾山行を見ていると、
      もはや自分など到底及ばないようなマイルート登山を
      実践していて、草の実がお供なのも頷けますよ。

      男抱山は30分足らずで山頂を踏め、眺望もまずまず。
      ロマンチック村の温泉などにお出かけの際は風呂前の人歩きに
      丁度良いかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

15 + 12 は
Please leave these two fields as-is:
スパム対策の為ご面倒おかけいたします。入力は半角でどうぞ

日本語が含まれない投稿、URLが3個を超えた投稿は無視されますのでご注意ください。