久しぶりに相棒と登る古賀志山

 5年前まで一緒に歩いていた相棒と久しぶりの山行。当時は二人共、ちょっとした山でもいつも息を切らせてヘロヘロになりながら登ったものだが、気が付くと二人の山行も疎遠となってしまった。
 自分はご存知のように少しづつではあるが山を重ねるうちに体力と自信をつけてきた。対して相棒のH君は運動不足の日々の様子。という事で、近くて手軽な古賀志山へと誘ったのである。

古き相棒と久しぶりに

 思ったよりしっかりとした足取りに安堵し、始めは古賀志山の山頂ピストンと考えていたが御嶽山まで足を伸ばした。
 山頂に着いてびっくり。山座展望プレートが設置された。古賀志山の開発急ピッチなり。
 そういえば、北登山道(一応閉鎖中)の富士見峠直下で、コース外に皆登っていくのでそれに倣って進むと、新ルートが出来ていた(以前からあったかどうかは不明)。
 富士見峠直下の登りが始まる箇所から南南西に急登し、東稜見晴らしのちょい西側に到達。途中ツツジが綺麗で新味のあるルートだが、古賀志山が荒れていくのに自分も加担してしまったのかもしれない。

御嶽山に山座展望プレートが設置された

 アカヤシオはとうに過ぎたが、登山道を飾るツツジに癒される。ツボミもまだ多く、暫くは楽しめそうだ。

ツツジが見頃

 帰路、多気山脇の畑で遅咲きの桜と菜の花。のんびり家を出て、ちょっぴり歩いて、家に帰ってシャワー浴びて三時には一人反省会。昼酒は効くぅ。
 H君も後半流石に疲れが出てきたようだけど、久々の山行を楽しんだようだ。

咲き遅れのサクラと菜の花
カテゴリー: 宇都宮の山   パーマリンク

久しぶりに相棒と登る古賀志山 への10件のコメント

  1. リンゴ より:

    相棒Hさんとの久しぶりの山行でしたね。
    話し相手がいるのもたまには良いでしょう。
    それにしても御嶽山に山座展望プレートですか?
    以前、ベンチが撤去されたと聞きましたが、これは地主の許可を得ているんでしょうね?(笑)

    • まっちゃん より:

      実に5年ぶりでしたが、単独とは違った歩きが新鮮でした。
      山座展望プレートはおそらくNPO法人によるものだと思いますが、
      ちょっと派手目な事もあって自分は違和感を感じました。

  2. ケン坊 より:

    おはようございます。
    まっちゃんの単独じゃない山歩きレポは初めてかな~
    と、思い出せないくらい珍しいですね…
    東稜見晴しのちょい西側って歩いたことが無いコース?
    急登じゃケン坊には無理ですね きっと…
    次の機会があったら様子見してみようかな>笑<
    御嶽山に山座展望プレート? 
    少し行かないと変わっちゃいますね~ 
    そう言えば御嶽山には暫く行って無いかも…です。

    • まっちゃん より:

      下山は中尾根経由ベンチで北登山道だったのですが、
      中尾根付近で富士見峠下付近からホイッスルの音が何度か聞こえてきました。

      行きに登った急登の部分には「登山道は→」の道標が掛かっていました。
      明らかに”歩いて欲しくない”場所であるという意思を感じ、これも想像ですが、
      NPO法人の方が監視して、踏み込む登山者を牽制していたのではないかと思います。

      自分達がそこを通過した時は、監視する人はまだ居らず、逆にそこで休憩中の女性が、
      「こっち登ると花が沢山あるよ」と、まるで客引きのような雰囲気で話しかけていました。
      もちろん好意で言ってくれているとは思うのですが、それを聞いて我々も他の人も皆そちらへ
      といった感じでした。

      自らそのルートに進んだので何も言う資格はないのですが、ますます古賀志山は難しく
      なってきたなと感じました。

  3. とくちゃん より:

    こんばんは⌒o⌒*
    山は、ここでチョコホンデュを食べたのがはじまりです!
    100以上のコースがあるといいますよね~。

    昼からの酒は~うまいっす*⌒o⌒* ですよね~!

    • まっちゃん より:

      いろいろなバリエーションを含めると、自分も10本近くは知っていますが、
      登り込んでいる人は一年間殆ど毎日登っているという話も聞いたことがあるので、
      確かにルートも開拓されてしまうのも納得ですね。

      今回は文字通り、真っ昼間から風呂入ってお酒だったのでちょっと贅沢気分でしたよ。

  4. 亀三郎 より:

    こんばんは
    あの方 いまはどうしてるんだろうって、、、気になってました
    久し振りの登場で
    胸のつかえ??が 収まりました 笑
    しかし 山座展望プレート たしかに ちょっと派手
    前にあったベンチが並んでいたほうが
    風情?があったような気がします。(あくまで個人の感想です (^_^;))

    • まっちゃん より:

      確かに、消息不明だときになりますよね。
      同じ職場で元気にやってましたが、体力の限界ということで山は一旦お休み中でした。
      山座展望プレートは光沢系の写真なんでちょっと浮いちゃうんかもしれません。

  5. chikoやん より:

    早とちりな私は、タイトルを見た時に「相棒(バイク)で登山口まで行ったのかな?」
    と思ってしまいました。(^^;(^^;
    単独で、自分の心の声と会話しながら歩く山行も楽しいけれど、
    お花見は同行者がいると楽しいですね~。
    古賀志山は正規の登山道の他、踏み跡がたくさんで難しいなぁ。と思っています。
    おそらく、単独ではこの間歩いた二枚岩までたどり着けないような気が・・・(^^;
    山座展望プレート。山座同定がどうも苦手な私には、ありがたい存在。
    でも、景色の1部としては、かなり浮いてますね。(^^;

    • まっちゃん より:

      初めから誰も居ない山域は一人ぼっちでも全然寂しくないですが、
      古賀志山みたいな所だと”お一人様”が強調されて逆に寂しいって
      こともあります(笑)
      どんどん新しい道が出来ていく古賀志山。せめて植物には影響の出ないように
      と祈ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

13 + 13 は
Please leave these two fields as-is:
スパム対策の為ご面倒おかけいたします。入力は半角でどうぞ

日本語が含まれない投稿、URLが3個を超えた投稿は無視されますのでご注意ください。