エベレスト3D

everest3d

エベレスト3D、観てきました。

1996年に実際に起きた商業ベース登山隊の事故をモチーフにした作品。

 観終わって感じたのは、『剣岳 点の記』のような感動は無く、ひたすら3D映像に圧倒されたというのが自分の正直な感想でした。

 というのも、

 一応ストーリー性やヒューマニズム、ドラマ性というのは組み込まれているのだが、外人と日本人の感受性の違いなのか心に迫るものが今ひとつなのです。

 ただ、

 圧倒的なエベレストの迫力ある3D画像。これはまさに圧巻。デスゾーンと呼ばれるあんなリスキーな処に行かなくても充分行った気になれる画像は特筆ものでした。

 ”お話し”という範疇を無視して言えば、

 遭難した隊はベテラン揃いなのに、軽挙妄動と言ってもおかしくないような判断力と行動。これじゃかのエベレストで死んでも仕方がないと言わざるを得ない。リアリズムを追求するなら、あるいは、少なくとも自ら山を登ってリスク管理を常々考えているような人を観客と捉えるならば、もうちょっとカチっとしたストーリでやって欲しかったと思いました。この点については残念ながら大衆娯楽に成り下がってしまっているというのが正直な感想です。(そもそも映画は大衆娯楽だ、というツッコミは勘弁してください)

 エベレストのようなリスキーな山でなくても、ある程度山を経験している人ならもっと慎重に行動出来ていた筈。ツアーの参加費が600万円以上ということなのだから、まさに狂気の山行と言わざるを得ないでしょう。もはや通常の判断力を超えた世界のなせるわざなのだなと思いました。

カテゴリー: 映画   パーマリンク

エベレスト3D への5件のコメント

  1. 亀三郎 より:

    こんばんは
    この映画 なんとなく気になっていたのですが
    まっちゃんの感想で 大筋?掴めました!
    これは 感謝です~~ (^_^;)(^_^;)
    しかし 広告見てるだけでも 迫力満点ですので
    映画館での3D すごかったでしょうね
    その点は 気になったりして・・・ 笑

    • まっちゃん より:

      3Dはアクションもので本領発揮と思っていましたが、
      こういう自然ものもなかなか迫力ありました。
      風景的にちょっと不自然な感じの部分もありましたが、まず一生行くことのない
      エベレストを疑似体験出来たと思うと映画代もお得(笑)

  2. リンゴ より:

    こんな映画をやっているなんて知りませんでした。
    映画館が近くに無いのその辺に疎いのかも(;^ω^)
    剣岳 点の記は見に行きましたけど、やっぱり興味のある山に関した映像が魅力ですね。

  3. ケン坊 より:

    おはようございます。
    う~ん この映画の存在そのものを知りませんでした。
    これまで”山”の映画は、
    最近では、あの「劔岳・点の記」と「春を背負いて」の2作
    いずれも迫力のある映像でしたが...
    世界最高峰のエベレストというイメージから、この映画も、
    ワイルドな映像が見られるんでしょうね。
    疑似体験?  まっちゃんはもしかして???

    • まっちゃん より:

      >まっちゃんはもしかして???

      いえいえ、それは死んでもあり得ません(*^。^*)
      体力もそうですが、まず財力が最大のネック。
      いずれにしても『画面』でのみ、見られる世界だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

6 + 3 は
Please leave these two fields as-is:
スパム対策の為ご面倒おかけいたします。入力は半角でどうぞ

日本語が含まれない投稿、URLが3個を超えた投稿は無視されますのでご注意ください。