米沢まで



 春になるとどうしても走りたいのが福島ツーリング。今年もどうにか休みと天気を合わせることが出来た事に感謝。

今年もやって来た南会津のR400

舟鼻峠越えはいつも残雪が迎えてくれる

道の駅会津かねやまより 裏手に見える地元の里山がなかなか立派

鯉のぼりと只見川

R252を只見線と並走

再びR400へ、気持ち良い景色だ

長閑な駅舎に思わずバイクを降りる

 一旦、R49を西走するが、交通量の多い幹線国道はこのツーリングには似合わない。やがてR459へと入りほっと一息ついたら再び快走路をひた走る。今年は全ての花の開花時期が早かったせいか、桜もほぼ見られないのが残念だ。

やっぱりR459は良いね

飯豊山が遠くに見えてきた

こちらは『ビューポイント』から

 昼食は喜多方ラーメンか山都蕎麦のいずれかと悩んでいたが、平地に降りてくるとやはり気温も高く、山間部で着込んだウェアは全て脱いでもまだ暑いくらい。とてもラーメンといった感じでは無いので蕎麦だろう。
 途中、宮古(2010年はここで食べた)でという選択もあったが、昨年(記事無し)に引き続き山都にすることにした。立ち寄った蕎麦屋は民家を改造した感じのなかなか良いお店でる。

今日の蕎麦はこちらで

風味の良い蕎麦だ

 一旦、喜多方へ出てR121をひたすら米沢へ向かって走る。米沢へのR121は大峠という峻険な山岳越え国道であったらしいが、そこは既に廃道となり、現在はトンネルが続く整備された新道がある。雪深きこの地にて会津と山形を結ぶ動脈とも言える道路なのだ。

 今回は米沢より幹線国道R13を使い高速へと向かったが、実は山形新幹線沿いの山狭の道を走るツーリングを考えている。
 山形新幹線の車窓からいつも眺める深き山あいを、新幹線の線路を縫うようにして地元の人の生活道が続く景色。小さな道や、道すらもあるかどうかわからないその場所を、オフロードバイクで探索したいとかねがね思っている。今年の夏にはなんとか訪れてみたいものだ。

カテゴリー: バイクとツーリング   パーマリンク

米沢まで への8件のコメント

  1. Non より:

     こんばんは。まっちゃんさんのロングツーリング、この時期でしたね。
    ビューポイントから見る冠雪の飯豊連峰が見事で、ほれぼれします(^^)
    只見線と並走というのも、ローカル線らしい味わいがあっていいですね。

     我が家はひとまず1泊で出かけてきましたが、自分の体力不足を
    いやというほど実感しました(汗) また体力をつけないと…
     さて、まっちゃんさんの山行は…? レポが楽しみです(^^)

    • まっちゃん より:

      毎年春になると南会津の新緑の中を走るのが楽しみです。
      宇都宮で開花の時期って大抵仕事が慌ただしくて、気がついたら終わっていることが多く、
      時間を逆戻し出来るこのツーリングがお気に入りです。
      体力が続く限り(バイクに乗れる間)は可能ならば毎年走ろうと思っています。

      今日(5日)は今季のバリルート納めで念願の六郎地山を歩いてきました。
      山中ではおしりが真っ白な毛に覆われた鹿達に遭遇、良く声の通る山鳩、そしてツツジ三種類の競演と・・・

      超地味な山行で終始すると想像していたのですが、そういった意味ではとんだハズレで大満足な一日でした。

  2. ケン坊 より:

    こんにちは。
    この季節のツーリングは季節的にも最高なのではないですか?
    ツーリングの経験の無いケン坊には憧れでしかありません。
    昔、山都蕎麦に憧れて行ったことがありましたが、定休日で
    ガッカリして帰ってきたことがあります。
    この蕎麦は”とろろ蕎麦”と”ざる蕎麦”の2種? お得感が...
    バイクが良いアクセントになって撮れてますね~ ナイス!
    今年の連休は孫たちも来なかったので珍しく静かな毎日です。
    (2~3日、宛てなく車を走らせたが、ネタにならないドライブや
     期待を裏切られた先が多く...むしろ家の中に居た方が
     良かったかもです。)
     

    • まっちゃん より:

      鬼怒川温泉を過ぎたあたりから寒くなってきて、
      持ってきたものを全て着てどうにか凌ぎました。
      只見川沿いに標高を下げてきたら暑くてまた一枚と脱いでいき、
      蕎麦を食べる頃には胸元を開けて風を取り込んで走っていました。

      バイクウェアは基本的に体を守る為に着るものなので真夏でも絶対長袖ですので、真夏の市街地で信号待の時などは地獄です。
      今回のツーリングのように温度差が激しいとウェアの調節が難しく、持っていける服にも限りがあるので悩ましいところ。寒いのは無理して我慢しませんが、暑いのは多少やせ我慢します(笑)

      山都蕎麦も何件かお店がありますが、案外散り散りに離れているので事前にネットで口コミ見てから行ったほうが良いかもしれません。
      自分は今回適当にいきあたりばったりでしたが、まぁまぁでした。

  3. 亀三郎 より:

    こんばんは
    米沢まで、、、遠かったでしょう (当たり前だけど、、汗)
    余談ですが、
    米沢というと、父方の祖母が米沢出身
    亀三郎にも、、、米沢の血が、、、
    なので、地名を聞くと、なんとなくですが気になってしまう自分がいます。
    それはそうと
    お蕎麦、美味しそう
    でも、山形だと、、、名物「冷やしラーメン」があると思うのですが
    もうご経験済みでしょうか
    わたし、、、1回だけ経験あり!なんですよ~~~
    夏のツーリングには、ピッタリなので
    まだでしたら、是非お試し下さいませ。

    • まっちゃん より:

      米沢はやはり遠かったです。
      いままで5月にこの方面に走りに行くことが多かったですが、いつもは五色沼を通過して猪苗代湖へ抜けていました。
      今回は意を決してロングに挑みました。
      結局走行距離500km越えという超ロングでした。
      (帰りの高速が退屈で、那須塩原で降りて県民の森をクネクネ走って来たのは内緒)

      「冷やしラーメン」 以前、天童で食べたことがあります。
      意外や意外のさっぱり味でびっくりしました。
      山形の麺でもう一つインパクトがあるのが肉蕎麦。
      自分は肉嫌いなので食べたことはありませんが、温かい肉蕎麦はともかく、冷たい肉そばはどうなっちゃてるんだろうなとちょっと心配。
      冷やしラーメンは低温で固まらない油を使うところがミソですが、肉はそれ自体に油を含んで・・・
      あ、そうだ。冷シャブみたいな感じなんですかね。いずれにせよ自分には謎です。

  4. リンゴ より:

    こんなに好天続きのゴールデンウィークも珍しいですね。
    そんな中、東北へのツーリングを存分に楽しまれた様ですね。
    真っ白な雪が残る飯豊連峰、カッコいい~(*^^)v
    で、今日はバリルートでの六郎地山でしたか。
    そちらのレポートも楽しみにしております。

    • まっちゃん より:

      飯豊連峰。見るだけでなく実際に登ってみたいものですが、聞くところによると、最低一泊は必要とか。
      アプローチも遠いし、今の自分には高嶺の花のようです。

      六郎地山は花と相性の良くない自分にとってはなかなかのツツジ祭りでした。
      とは言っても花ハンターのリンゴさんや他の皆さんが出会う花とはレベルが違いますが、自分的には結構満足できました。
      道なき登山はこれで暫く終了。オフシーズンとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

2 + 11 は
Please leave these two fields as-is:
スパム対策の為ご面倒おかけいたします。入力は半角でどうぞ

日本語が含まれない投稿、URLが3個を超えた投稿は無視されますのでご注意ください。