偵察、弘法蕎麦、さくら温泉

 本日、天気晴朗気温も上昇。すわ、山歩きといきたいところであったが、とある事情でかなわず。家内も仕事だったので、ぶらりと一人偵察に出かけた。

 まずは古峰ヶ原。うーん。雪が少ないぞ。三枚石方面へは無数の足跡が続くが、雪はすっかり固結してしまって古めな感じ。既に標高1000mを超えているとはいえ、基本的には関東平野の天気に左右されるエリアだ。日常生活には困りものだが、宇都宮あたりでも20センチくらい積もるような雪が一回あれば見違えるような良い雪面になるのだが・・・ 

雪が少ない

 完璧に除雪された道を古峰ヶ原峠より粕尾峠方面へと進む。前日光牧場へ道を分けるとそこからは圧雪路となり轍が一筋続く。シフトを直結四駆に切り替え慎重にこれを追っていく。スタッドレスタイヤもまだ2シーズン目なのでよくグリップするから不安感は少ない。もう少しで前日光ハイランドロッジといった所で轍が途切れた。雪が浅かったので少し進んだが無理をせずここで撤退とした。

ここでストップ

 それにしても牧場も雪が少ないのは残念だ。昨年は三枚石から歩いてきた方塞山。今年は南からと考えていたが、この状態ではちょっと躊躇してしまう。

牧場もやはり雪が少ない

復路も慎重に

やれやれ帰還

古峰ヶ原へ戻る途中で

 古峰神社に少し立ち寄ったあと、内緒の偵察箇所で収穫あり。今回これはオフレコということで・・・
 少し時間が遅くなってしまったが、前々から気になっていた弘法そばに寄ることにした。

 営業中の看板が掛かってはいるものの坂道を上がったその上にあるのは普通の民家だけ・・・と思ったら庭に居た男性がご主人で手持ち無沙汰にしていた。
 「営業していますか?」と尋ねるとどうぞどうぞと傍らのお店の建物へ案内される。ガラガラと扉を開けて中に入り、ご主人がスイッチ入れると真っ暗だった店内に明かりが灯った。その後ストーブに火を入れたり、ひとしきり話をしたあとにやっと注文をした。いやはやのんびりしたものだ。

この水がセールスポイント

 看板メニュー(であろう)弘法水そばを注文して待つこと10分あまり。お湯が湧いていなかったらどうしようなどという杞憂もなんのその。元猟師だというご主人と周辺の山談義などで盛り上がりながらあっというまに蕎麦にお目にかかることができた。

シンプルな品揃え

 ざる蕎麦ならぬ水蕎麦とは、せいろの代わりに「弘法のお助け水」で出された蕎麦の事だったのだ。勧められた手順でまずは水から蕎麦を皿に取って何も付けずに蕎麦の風味を楽しむ。「弘法のお助け水」はクセの無い水なので蕎麦の香りがはっきりと際立つ。
 次に岩塩をかけて食べる。これもまた蕎麦の素性が良いので充分味わい深い。勿論つゆで食べても美味い。巷の蕎麦屋では、出すぎた感じや物足りない感じのどちらかのつゆに出会うことが多いが、ここのお店はバランスが取れていてなかなか良かった。また、蕎麦が水切りされていないのでつゆが薄まるのではないかと思ったが、意外なことに最後まで美味しくいただくことが出来た。
 写真には撮り忘れたが、自家製こんにゃくを使った刺し身こんにゃくをサービスでいただく。素朴だが、食感風味ともになかなかの逸品である。このお店の雰囲気と味、そして、話し好きの気さくな店主を訪れるリピーターは多いらしい。
蕎麦好きな方のブログに詳しい情報がある)

 本日最後の訪問地はこれまた以前から気になっていた「さくら温泉」。自宅から新里街道を北上して多気山方面へと進み、その途中こにあるのは以前から知っていたが、本日初めての訪問となった。
 パークゴルフ場の併設施設だが、勿論一般日帰りもOKだ。宇都宮市内で源泉100%掛け流しというのも希少価値があるだろう。すぐ近くにろまんちっく村の温泉があるので、競争相手にもならないほどの小さな温泉だが、それでもなかなかに味わい深い施設なのだ。
 受付でチケットを購入し、自動改札機にチケットを入れてゲートが開く所までは先進的。そこが浴室ですと言われて小屋のような建物の扉を開けると、一瞬たじろいでしまうようなかくも素朴な温泉もとい、浴場。これはなかなかお目にかかれない。しかもどこか素敵だ。
 設備の良い大型温泉、山境の鄙びた温泉。そのどちらにも属さないような妙に落ち着いた雰囲気のある温泉だ。今日は蕎麦といい温泉といい”中庸”がテーマだったような気がする。何事もほどほどで適度に当たり前なのが実はは好ましいという禅問答的な結論に一人悦に入りながら(言うほどのものでも無いが)のびのびと湯船で手足を伸ばした。
温泉通の方のブログに詳しい情報あり)

カテゴリー: 日記, 昼飯   パーマリンク

偵察、弘法蕎麦、さくら温泉 への6件のコメント

  1. ケン坊 より:

    こんばんは。
    一人でも”ちょちょいのちょい”と雪道を走らせられるって羨ましいです。
    その勇気の十分の一でもケン坊にあったら行動範囲が広がるのに...
    でも”餅屋は餅屋”ということわざもあり、
    ケン坊はこれからもこの諺に縋ってます>笑<
    ”弘法そば”の看板は見たことがあったような気がしますが、イマイチ
    場所が特定できませんが...雪が融けたら寄ってみるかな?
    情報ありがとうございます。

  2. Non より:

     こんばんは。今週末、リンゴさんが速報で遠征の様子を伝えていると思ったら、
    まっちゃんさんも遠征だったんですね。それも最近増えたという海外からの観光客にも
    即答できそうな写真付き…(笑) でも、お仕事以外でたまの遠出も良いものですよね。
     さて、前日光方面のレポート。今年は雪が少ないんですね~ 驚きました。
    牧場の方には不具合はないのかな、と思いましたが、熊さんが早めに目覚めたりして…?
    ぜひ、ぎりぎりまで、ゆっくり眠っててほしいものですが(^^;)

    • まっちゃん より:

      何も予定考えないで行ったので、神戸の街に迫り来る六甲山にちょっとクラクラきましたが、『見るだけ』にとどまりました。
      大阪も超寒かったですが、この週末は北日本が荒れていたので栃木の山もたっぷり冠雪したのかかなと期待しています。
      今度の週末晴れてくれと祈願中。

  3. 亀三郎 より:

    こんにちは
    山 蕎麦 温泉
    中庸と呼ぶには・・・?? 笑
    亀三郎的には
    『人生の究極至極』って、感想です^^v
    水そばも
    風流ですよね
    そのまま 岩塩 そして、おつゆにつけて
    一粒で2度美味しい
    じゃ、、、なくて
    ひと盛りで 3度美味しいってことですよね~~~

    あ~~
    しかし
    どこも出掛けてないっす
    山だ
    通天閣だ
    って、、、まっちゃんが羨ましいです~~

    • まっちゃん より:

      一流どころを揃えれば『人生の究極至極』にもなりますが、
      Myチョイスだと流石に程遠く、そこが中庸というつもりでした。

      あ、通天閣ってばれちゃいました。

      ・・・って誰が見ても一発ですよね(笑)
      昼間はビールだけでしたが、夜は芋焼酎に舌鼓を打ちましたとも。
      大阪は足代がかかりますがおもろい所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

2 + 2 は
Please leave these two fields as-is:
スパム対策の為ご面倒おかけいたします。入力は半角でどうぞ

日本語が含まれない投稿、URLが3個を超えた投稿は無視されますのでご注意ください。